ごあいさつ

greeding.jpg

名古屋大学は1871年に創設された仮病院・仮医学校に源流をもち、1939年には医学部と理工学部を設置する最後の帝国大学として発足しました。戦後1949年には、旧制第八高等学校(1908年設置)、名古屋経済専門学校(旧名古屋高等商業学校、1920年設置)、岡崎高等師範学校(1945年設置)が加わって、新制名古屋大学として再出発することとなります。

戦後すぐ、国を立て直さなければならなかった時期の名古屋大学は、総合大学として誕生したばかりでした。そこには選りすぐりの「活きの良い」若手研究者たちが集い、さながら梁山泊のような様相であったと想像されます。伝統がないことを逆手に取ることにより、自由闊達な学風が生まれ、世界に類のない質が高くオリジナルな研究が展開されていきました。この若い息吹がその次の世代に伝わり、6人のノーベル賞受賞者に代表される研究成果へと結実し、世界トップレベル研究大学へのあゆみを進めてきました。

一方で、名古屋大学のある東海地域は言うまでもなく日本有数の産業集積地です。名古屋大学は、産業界に数多の人材を送り出すとともに、イノベーションを創出してきました。その代表格が青色LEDの発明になります。

誕生後発展を続けてきた名古屋大学は、現在では9学部、13研究科を擁する日本を代表する総合研究大学へと成長しました。最も新しい学部が2017年に誕生した情報学部です。現状に甘んじることなく、次のステップを踏み出していくために、2020年には岐阜大学と経営統合を果たし、東海国立大学機構を発足させました。

国立大学をめぐる環境は、2004年の法人化以降目まぐるしく変わっていっています。6年ごとの中期目標・中期計画期間を設定し、評価していくシステムも2022年度からは4期目に入ります。終わったばかりの第3期においては、国立大学は3つの重点支援枠いずれかに所属することを選ばされ、名古屋大学は、世界と伍して、国際的に卓越した教育研究、社会実装を推進する3類型の大学となりました。2018年には、世界最高水準の教育研究活動の展開が相当程度見込まれる国立大学として、指定国立大学法人にも選ばれています。

世界トップレベル研究大学となることを目指している名古屋大学ですが、その最も重要な使命の一つが人材育成であることは言うまでもありません。2000年に制定された学術憲章では、勇気ある知識人を育てる、とあります。名古屋大学の最も大きな財産は、現役の学生、教職員に加えて、勇気ある知識人として社会のあらゆる場所で活躍をされている卒業生の皆さん、そして教職員OG/OBの皆さんです。

名古屋大学ホームカミングデイは、卒業生・教職員OBの方々との緊密な連携強化、保護者の皆様との相互理解、並びに本学の優れた教育・研究の成果を地域住民の皆様に広く発信することを目的に2005(平成17)年度から毎年開催しており、今回で18回目を迎えることができました。この間、一昨年はコロナ禍のため、オンライン開催になりましたが、昨年は一部現地・対面での開催も実現しました。困難がありながら続けて実施することができましたのも、ひとえに、本学の長い歴史を支えてくださった卒業生・修了生、教職員OB、そして地域の方々をはじめとする多くの皆様のご支援の賜物と心から厚くお礼申し上げます。

さて、ホームカミングデイは、同窓生やふだんお世話になっている地域の皆様を名古屋大学のキャンパスにお招きをして、在学・在職当時とどれだけ変貌を遂げているか「名古屋大学の今」を知っていただくとともに、同窓生で旧交を温めながら、在校生や教職員とも交流をして頂こうという催しになります。今年のホームカミングデイは、キャンパスにお招きするだけでなく、お越しいただくことが難しい方にも参加いただけるようにオンラインでも企画をご用意し、ハイブリッドで開催いたします。年に一度、母校のキャンパスに帰ってくることを楽しみにしておられる方も、キャンパスに来られずとも名古屋大学に関心をもっていただいている方にもお楽しみいただけるように例年以上に充実したものにしようと、関係者一同で準備を進めております。

今年はメインテーマを『世界と伍する大学』とし、国際的に卓越した教育研究、社会実装を行っていく名古屋大学が、どんな未来を描くのかをお伝えできるイベントとなればと思います。

主な行事としましては、「名古屋大学の集い」にて、現役医学部生にしてクラシック音楽界の世界三大コンクールの一つ「ショパン国際ピアノコンクール」に二次予選まで進出した沢田蒼梧さんと名古屋フィルハーモニー交響楽団が初共演するコンサートを開催します。また、教育学部・大学院教育発達科学研究科企画による講演会「困難な時代の高等教育-大学教育の質の向上と持続可能な発展をめざして」をお送りします。こちらは筑波大学特命教授、東京大学名誉教授 金子元久氏による基調講演とパネルディスカッションを行います。さらに、名古屋大学学術奨励賞を受賞した、名大を代表する博士後期課程の学生たちによる、たった3分間に凝縮された研究紹介グランプリ「NU3MT ~Nagoya University 3 Minute Thesis competition~」をお届けするほか、卒業生同士で今後のキャリアについて語り合う「めいだいきゃりあかふぇ」、ホームカミングデイでお馴染みのあかりんご隊による親子で楽しめる科学実験など、多彩なコンテンツをお届けいたします。また、各学部・大学院主催で、同窓生・保護者等の方々を対象とした様々な企画をご用意しております。

現在の名古屋大学の姿、そして未来に挑んでいる名古屋大学の姿をぜひご覧いただきたいです。ひとりでも多くの皆さまに、未来に向けて発展していく名古屋大学の魅力を発見していただければ幸いです。

今後とも温かいご支援とご理解を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

令和4年8月
名古屋大学総長
杉山 直

SPECIAL PRESENT

イベントに参加して
アンケートに回答すると
名古屋大学記念グッズを
プレゼント!

詳細はこちら